Built by Wendy/ビルト・バイ・ウェンディ - クリアフォトポケット ギターストラップ (シルバー)【グランジ】【ロック】【バンド】【音楽】【ギターストラップ】【ベースストラップ】【HOLE】【SONIC YOUTH】【コートニーラブ】【キムゴードン】【X-GIRL】【エックスガール】【ソフィアコッポラ】【SOMEWHERE】【ジャスティンティンバーレイク】【ズーイーデシャネル】【ジャックブラック】【キルスティンダンスト】【CATPOWER】

¥ 8,100 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 600円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

コートニー・ラブ、キム・ゴードンも愛用していた90年代ロックバンドの伝説アイテム「Built by Wendyのギターストラップ」が、約20年の時を経て再登場!!

80~90年代のグランジ、オルタナティブ・ロックの代表バンド『HOLE(ホール)』のコートニー・ラブと、『SONIC YOUTH(ソニックユース)』のキム・ゴードンも愛用していた、Built by Wendyのハンドメイドのギターストラップが、このたび約20年の時を経て再登場しました!


■Built by Wendyのギターストラップとは

Built by Wendyのギターストラップは、90年代のバンドブーム期に、ギタリストやベーシストのためにデザイナーのウェンディが制作し販売していたオリジナルのギターストラップ。 ウェンディと仲が良かったロックバンド「HOLE(ホール)」のメリッサ・オフ・ダ・マーが、メンバーのコートニー・ラブにBuilt by Wendyのギターストラップをあげたところ、コートニーがそれを気に入り、同じくメンバーのエリック・アーランドソンらと共に、ツアーやミュージックビデオ『Violet』などで着用されました。

また、ファッションブランドX-Girlでウェンディと一緒に働いていた「SONIC YOUTH(ソニック・ユース)」のキム・ゴードンも愛用者の一人です。彼女もツアーや2004年に出演したアメリカのトーク&バラエティ番組The Late Late Showなどで着用していました。


■商品について

ギターストラップは、すべてハンドメイドとなります。ロゴのデザインは、90年代のものからバージョンアップされているため当時のものと異なりますが、ロゴ部分がピックポケットになっていたり、ストラップ(前)部分の3箇所に好きな写真を入れられるクリアフォトポケットが付いたユニークなデザインは当時のまま!

表面には、エナメルのような光沢のあるビニール素材が使用されており、裏には滑り止め用のウェビングテープ、アタッチメント部分にはレザーが施されています。

※1枚目の画像にある写真は参考のため付いていません。

※4枚目画像はHOLEのヴォーカル&ギタリスト、コートニー・ラブ


カラー:
シルバー

サイズ:
最長135cm(調節可能) 幅5cm フォト適応サイズ4×5cm

素材:
ビニール、ポリウレタン、レザー

生産国:
Made in USA



■Built by Wendy/ビルト・バイ・ウェンディ

1991年に、デザイナーWendy Mullin(ウェンディ・マリン)によって立ち上げられたNY拠点のブランド。音楽やポップ・カルチャー、個人旅行や生まれ故郷、クラシック映画と現代映画、アート、文学などからインスピレーションを得た、豊かな感性のつまった独特なデザインが、クリエイティブなニューヨークの人々に支持されています。

友人&ファンに、ソフィア・コッポラ、ジャスティン・ティンバーレイク、ズーイー・デシャネル、ジャック・ブラック、キルスティン・ダンスト、ショーン・マーシャル(キャットパワー)などの著名人を多く持ち、ソフィア・コッポラの2010年の映画『SOMEWHERE』では、主演のエル・ファニングの衣装に使用されました。


■デザイナー:Wendy Mullin(ウェンディ・マリン)

アメリカのシカゴ出身。1991年、大学生の時にBuilt by Wendyを設立。1992年にFIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)で学ぶためNYへ移り住み、NYの2つのレコード店でアルバイトをしながら、衣類やギターストラップを作り、様々な店で委託販売をする。レコード店でのバイトを機に、客として来ていたソニックユースのサーストン・ムーアと知り合いになり、その縁で、キム・ゴードンの「X-Girl」や、マイクDの「X-Large」のデザイン業に携わる。また、ペイヴメントなどのバンドのMVにスタイリストとして参加するなど、音楽シーンにおいても数々の才能を発揮させた。1998年、ニューヨークに旗艦店をオープンし、後にロサンゼルス、サンフランシスコへと店舗を拡大。2003年には、デニムブランド「Wrangler」の限定高級ライン"Wrangler47"のクリエイティブ・ディレクターとしても就任し多くの成功を収めた。


■HOLE/ホール : コートニー・ラヴ

HOLEのコートニーと言えば、あのNIRVANA(ニルヴァーナ)のカートコバーンの奥さんということもあり、90年代ロックに詳しい人なら誰もが知っている超有名人ですが、彼女のバンドHOLEは、セカンドアルバム「Live Through This」がプラチナディスクになるなど、楽曲的にも才能が認められた一大バンドのひとつ。 コートニー自身の破天荒なキャラも人気を博し、当時のパンクロッカーたちが皆、カート&コートニーを、"現代のシド&ナンシー"と呼んで崇拝していました。(日本では、人気シンガーソングライター椎名林檎さんの「ギブス」で二人のことが歌われていて有名です)



■SONIC YOUTH/ソニックユース : キム・ゴードン

SONIC YOUTHのキム・ゴードンは、パートナーのサーストン・ムーアらと共に、アメリカのアングラ・ロックをはじめ実験音楽の展開に重要な役割を果たした人物の一人。NIRVANA(ニルヴァーナ)やRADIOHEAD(レディオヘッド)、日本のNUMBER GIRL(ナンバーガール)など、数多くのバンドに影響を与えました。さらに、キム・ゴードンは、ファッションブランド「X-Girl」の創立者としても成功を収めた人で、日本ではMilkfed.と一緒にショップ"HEAVEN21"をオープンさせたりと、90年代に一世を風靡した裏原系ファッションの代表ブランドとなっています。(Built by Wendyのデザイナーであるウェンディは、一時期キム・ゴードンと一緒に X-Girlのデザイナーとして働いていました)